アイディアをカタチに、創造を世界に

ものづくりを通じて、誰もが自信と誇りを持てる会社に。

AIの発展、人口の減少、高齢化社会を例に挙げるまでもなく、今、日本社会において人の働き方が大きく変わろうとしています。

ものづくりにおいて、50年以上にもわたり築いてきた実績や経験がこれからも通用するとは限りません。

時代に追随するのではなく、むしろ、時代の変化に合わせ、新たな視点でのものづくりや働き方を提案していくことのできる柔軟な発想と対応力が必要とされている、と我々津田製作所は考えます。

 

我々の「人づくり」とは、経営理念の「スマイルカンパニー」に基づき、まずは自分たち自身が笑顔になれる環境と関係を作っていくこと。

自分達が笑顔になるためには、お客様の要望に快く応えられるように高度で安定した技術力を磨き、しっかりと相手の心を捉え、つながりを深めていけるようにコミュニケーションを図っていくことだと考えます。

「製品開発」に対しても待つばかりではなく、我々から提案し、リードしていくものづくりを今後の一つの指針としています。

一貫生産による精密部品加工の精度と質をさらに高め、試作品開発に留まらず、製造プロセスにおける問題点の抽出、改善提案、設計まで活動範囲を広げるとともに、新たな事業として自社製品の開発にもチャレンジしていく構えです。

 

優位性のある製品づくりのベースとなるのが「働く姿勢」です。

「整理・整頓・清掃」というどの分野、どの職場でも最も基本とされる3S活動に力を入れています。基本の徹底はミスやロスをなくすだけでなく、改善を生み、それが成果となって表れたとき自信を得ることができます。

会社として利益を追求するために、無理や犠牲を払って会社の枠に人が合わせる働き方ではなく、一人ひとりの能力を最大限に引き出すための仕組みを作り、自信と誇りを持って笑顔で質の高い仕事をしていける会社にしていくことが、津田製作所が目指す姿です。

人の能力を高め、我々にしかできないものづくりをこれからも追求していきます。

代表取締役 津田義明